2019/4/30(火)野球関連ニュース

スポーツ

本日の野球関連の気になるニュースをピックアップします。

【ベイスターズ】一時7点差逆転も延長戦でミスから決勝点献上、平成最後の一戦を飾れず

ようやく連敗が10で止まり、本拠地でヤクルトを迎えて平成最後の試合。プロ初先発の進藤をオープナーとして指名した。

  • 経過(DB8-9S)
    • 2回にタイムリー2本で先制を許す。3回も続投した進藤に対し、タイムリー、3ランを浴びせる。4回にも平田がタイムリーを許す一方的な展開。その裏ソトの2ラン、筒香のソロで追い上げ、5回には乙坂、ソトのタイムリー、ロペスの2ランで逆転。6回には三嶋がソロを浴び同点に。その後両チームのリリーフ陣がゼロを並べて延長戦に突入するが、10回にエスコバーが荒木にタイムリーを浴びこれが決勝点。雨中の平成最後の試合は黒星となった。
  • 投手
    • 先発進藤は3回71球7安打3四球で6失点。初回は順調な立ち上がりも、2回に不運な2塁打からタイムリー、ピッチャー原樹里にもタイムリーを許す。ここで交代かと思われたが、3回裏に打順が回ることも考慮したのか、3回も続投し失点を重ねてしまう。この続投判断は適切だったのか?
    • 平田、笠井、三嶋、国吉、エスコバーで計7イニングを3失点。ヤクルトのリリーフ陣の生きの良さとは対照的な不安定な内容。昨季の酷使のツケも払っているのか??
    • 10回のエスコバーの続投は9回の内容の良さと11回に相手が上位打線に回ることでここに山﨑投入を考えていたからなのか?パットンが登録抹消、砂田、三上も不在となりリリーフ陣の層の薄さが露呈している。
  • 野手
    • 4回反撃のきっかけは2番石川のヒットから。ただ他の3打席は三振。特に5回の無死1,2塁は三振を避けたい場面で最悪の結果。
    • 3番ソトが追撃の2ランと5回に2点タイムリー。9回のサヨナラの場面も当たりは良かった。徐々に調子を上げている。
    • 7番宮﨑が4-0。痛烈な当たりもあったが結果が出ない。
    • 今季初出場の乙坂が途中出場から3-2。
    • 10回セカンド柴田がセンター乙坂との間に上がったフライを落球。乙坂は途中から自分のボールだという意識が無いのか消極的。追っている柴田の動きが見えていない。天候面や控え選手同士の連携といったことは言い訳にならないミス。

コメント

タイトルとURLをコピーしました