2019/4/29(月)野球関連ニュース

スポーツ

本日の野球関連の気になるニュースをピックアップします。

【ベイスターズ】8回石川決勝2ランで逆転勝ち、ついに連敗は10でストップ!

ついに連敗が10まで伸びてしまったベイスターズ。先発はまだ勝ちのないルーキー上茶谷。相手巨人は絶好調の山口が先発。今季初1軍の石川を2番起用、6番梶谷、7番宮﨑と前日からさらにスタメンを大きく変更して臨んだ試合。

  • 経過(DB5-3G)
    • 3回にソトのタイムリー内野安打で10連敗中に1度しか無かった先制点を挙げる。しかし5回に押し出し死球、内野ゴロ、タイムリー内野安打で3点を失い逆転を許す。6回には嶺井のタイムリーで1点差に迫ると、8回に大和のタイムリー、石川の2ランで逆転。エスコバー、山﨑で逃げ切り連敗をようやく10で止めた。
  • 投手
    • 先発上茶谷は5回81球3安打3四死球で3失点。4回まで1安打だっただけに5回のピッチングがもったいない。味方打線がそれまでのチャンスで1点しか奪えずピッチングが窮屈になった印象。また相手の代打攻勢にも動揺を感じていた可能性がある。勝ちは付かなかったが、カットボール、チェンジアップの精度が高い。もう少しストレートの球威があれば楽に勝てそうな内容に見える。
    • 6,7回の1点ビハインドの場面で国吉が完全投球。流れを引き寄せた。
    • 2点リードの8回はエスコバー。前回の今永登板日と同様、僅差リードの8回はエスコバーを起用している。
    • 9回山﨑はクリーンアップを三者凡退。
  • 野手
    • 3回1死1塁で石川がワンバウンドで一塁手頭上を抜けるエンドランを決め1死1,3塁のチャンスを作る。ここ最近では見られなかった攻撃。
    • 8回2死3塁から大和のタイムリー。9回は好調の中川の登板が予想されただけに貴重な1本になった。続く石川が試合を決める2ラン。暗黒時代を知る数少ない選手が、今季初昇格してすぐに大仕事をやってのけた。やはりベテランの力は必要と再認識。

コメント

タイトルとURLをコピーしました