2019/4/9(火)野球関連ニュース

スポーツ

本日の野球関連の気になるニュースをピックアップします。

日本ハムのショートスターター

ここまでの9試合中3試合で採用したショートスターター制。
さすが栗山監督は面白いことをやってくれます。メジャーのオープナーとは役割が違う気がしますが。
結果は、加藤が2度(3回無失点→中3日→2回無失点)、斎藤が1度(1回2/3 3失点)、3試合で勝ち無し。第2先発の金子が”立ち上がり”に崩れた試合は想定外でしたが、選手も慣れてきたら結果が違ってくるかもしれませんね。査定の方も球団は考慮しているようです。
今後も注目していきたいです。
【日刊スポーツ】栗山監督ショートスターター継続

巨人の試合序盤の得点がダントツ

序盤3回までの得点が20でセリーグダントツ。現在首位打者の吉川、坂本丸と続けば当然こうなりますね。他球団にとっては、昨年までの広島上位打線と同じ脅威を感じます。
【フルカウント】巨人の速攻力

阪神梅野がサイクルヒット達成!

第1打席で三塁打(当初エラーと記録されたがヒットに訂正)、第2打席で単打、8回先頭でホームラン、同じ回にチームが逆転した後、2塁打を放ち達成。足の指を骨折しているとは思えない大活躍!ただ、、ソトがだいぶこの記録に貢献しましたね。

【ベイスターズ】 初対戦の苦手阪神に5点差を大逆転負け!

ここ数年ずっと苦手にしている阪神戦。甲子園での対戦ではそこまで分が悪くないですが、今シーズンを占う意味でも重要なカードでした。
が、、5点リードの7,8回で9失点し、8-12で痛恨の逆転負け。

  • 経過
    • 2回裏、タイムリー3塁打で2点先制を許す。4回筒香の2ランなどで逆転。5回も筒香の2点タイムリーなどで4点。7回はエスコバー三上で3失点、8回はパットン山﨑でエラーも絡み6失点。ここ数年ではなかなか無いショッキングな負け方。
  • 投手
    • 先発上茶谷はまずい守備に苦しみながらも6回3失点。リリーフ陣が崩れまともプロ初勝利を逃す。球数97球での交代は調子が良くなかったから??
    • 5点リードの7回にエスコバー、三上を投入。2人とも相変わらず余計な四球から失点。
    • 2点リードの8回に復調気配のパットン。先頭にホームラン、四球と不安定。2死満塁で珍しく8回から山﨑を継ぎ込むが、右中間寄りの飛球をライトソトがまさかの落球で走者一掃。なおも2失点。パットンの今後の使い方、今季の謎の砂田温存が気になります。
  • 野手
    • 筒香、2年ぶり甲子園でのホームランと2点タイムリー!頼りになります。
    • 6番起用の中井がホームラン含む3安打。今後も左投手相手だと中井起用かも?柴田を使ってほしい気持ちもあるが。。
    • チームは計14安打で8得点。打線は徐々に活発になってきた。
    • ソトが2回に記録にならないエラーと、8回に逆転タイムリーエラー。風の影響はアリ?セカンドとライト併用がパフォーマンスを下げる要因なのか?
    • 筒香、貴重な中押しタイムリー。1死3塁→2死後のタイムリーは価値あり。チャンスに強い筒香が帰ってきた?
    • 1番神里、2安打2得点1盗塁で役割果たす。今年はバット寝かせてるせいかスムーズにバットが出てる気がする。.316だがここまで四球はゼロ。三振の多さ含めてもう1段階上を求めたい。
    • 2番柴田、バントや四球で持ち味発揮!安打は無くてもいい仕事。守備でも良いプレーあり。しばらくはこの1,2番が続く?
    • 梶谷、元気なし。今日で.063(16-1)。今の状態だとファームで再調整か?

【ベイスターズ】関根を1軍登録

登録抹消された梶谷の代わりは関根でした。
ファームでは好調そうなので、まずは打撃に期待!

コメント

タイトルとURLをコピーしました